モデルハウスの360度パノラマビューがホームページ上で見れるようになりました
ホーム > スタッフブログ > カヤノハウジングプロジェクト > 色変えられます ・・・外壁塗装

DSC_0519 色変えられます ・・・外壁塗装

2018年04月11日

こんにちは。
今日は気温は上がっていますが、お昼ごろからあいにくの雨となりました。
どんどん桜が散ってしまう・・・とみんなが思っていますよね。

さて、リフォームでは3月末からどんどん外回りの工事が始まっています。

外壁・屋根の塗装では、色を変えることができます

“外壁の塗り替え”は、10年~15年位の間で行う方が多いと思いますが、
建物の周りをグルッと足場で囲い、約1か月ほどかけて行う大がかりな工事です。
下地を調整して傷み修復しつつ、上塗りで外壁素地を保護し、美観上も美しく蘇らせる、
工事のビフォー、アフターがとても分かりやすい工事の一つです。
建物の外観だけに、ご近所さんからも注目されていそうです。

今回、外壁・屋根の塗装をされるT様のご自宅。
もともとは、真っ白い外壁にグリーンの屋根、玄関に通じる木製のパーゴラは明るい茶色。
そんな配色のお宅でした。

IMG_1632

屋根面がほとんど見えませんね。カメラマン(私)の腕の悪さです・・。
キレイなグリーンだったのです。

そして、塗り替えに際してお施主様がお決めになられたのは、
屋根は、赤みのある茶色、外壁は薄い黄色、木の部分は赤系の濃い茶色。
ガラッと変わる配色を、すごく短時間でお決めになられました。
おそらく、はっきりイメージされていたのでしょう。出来上がりがとても楽しみです。

工事の昨日の段階では、屋根の塗装が完了していました。

DSC_0519

足場のシートで隠れて、少ししか見えませんが、随分イメージチェンジです。

DSC_0517

写真で見ると、“赤”ですね。とてもキレイです。
お客様も大変気に入られているとのコメントをいただき、嬉しい限りです。

引続き工事の進捗が楽しみでもあります。

玄関ドアの塗装で、色も機能もリフレッシュ

外壁はまだ傷んでいない。でも玄関ドアの汚れや痛みが気になる。
そんな方も多いと思います。
何回かメンテナンスのために塗り重ねられてきて、色もまだらになり、
撥水性もおちてきた・・・というお悩みをお持ちの方にお勧めです。

DSC_0166

もともとは、明るい茶色のドアでしたが、何度かご自身でオイルを施しメンテナンスされてこられました。
前回の時に、やや濃いめの色を塗られた、とのことで、もともとの色みは隠れてしまっていました。
今回、現状より明るい色に仕上げたいとのご要望と、合わせて長年の汚れや渋などを抜いてキレイに
下地処理をして、真っ新な状態からご要望のお色に仕上げていきましょう、とのことで工事を進めました。

DSC_0484

少し強めの溶剤で、現状の塗装を溶かして剥がします。
溶剤を塗り延ばして、乾かないうちにヘラで削って取っていきます。
もともとの木の色が出てきました。

全体をこのような状態にしてから、今回は明るめの茶色に仕上げさせていただきました。

DSC_0513

いかがでしょうか。見違えるほどキレイな状態に復活しました。

お天気の良い季節になりました。
皆様も、外部の傷んだ素材をメンテナンスして、気持ちもリフレッシュしませんか。

現場確認、お見積りは無料です。
お気軽にお声がけ下さい!

 今月末、4月28日(土)には、新モデルハウスがOPENになります!
そちらへもぜひご来場くださいませ!

お待ちしております!

4月28日(土) 上大川前モデルハウス OPEN!

モデルハウスオープンチラシ

 

House & garden/クロワッサンの店 公式 facebook ページ

商品やイベント情報など様々な情報を発信中!