ホーム > スタッフブログ > HOUSE & GARDEN > 室内で楽しめる多肉植物

夕映え 600円(税別) 室内で楽しめる多肉植物

2018年05月28日

こんにちは。
HOUSE&GARDENの小林です。

暑い日が続くようになりましたね。
暑い季節は切花よりも観葉植物などを好まれる方が多いように感じます。

店内でも、大きく観葉植物や多肉植物のコーナーを設けました!

IMG_9033
IMG_9026

大きなサイズから、デスクにおけるミニ観葉まで色んなサイズが揃っています。
観葉植物は男性にも人気があります。

とくに、ガジュマルは毎年人気です!

ガジュマル 1800円(税別)

ガジュマル
1800円(税別)

「多幸の木」と呼ばれ、精霊が宿る木としても知られるガジュマル。
熱帯地域の沿岸部に自生しており、
日本でも沖縄や屋久島などの温かい地域に自生しています。
とても特徴的な樹の形をしていますので、
ひとつひとつ見比べて ぜひ お気に入りの物を見つけてください!
また、丈夫で育てやすくインテリアとしてもおすすめです。

 

 

多肉植物も多くの種類が入荷しています!

月兎耳 600円(税別)

月兎耳(つきとじ) 600円(税別)

名前のとおり、兎の耳に似ていることから名づけられた多肉植物。
薄い白い毛に覆われており、やさしい色をしています。
こちらは縁が茶色ですが、茶色の線の入り方がちがっていたり、
斑入りのものなど、月兎耳には多くの種類があります。
ふわふわの見た目に、癒されてください!

京の華 600円(税別)

京の華 600円(税別)

ハオルチア属の「京の華」
ハオルチアは、そのほとんどが水分でできており、透明感のある葉先は日に当たるときらきらととても綺麗です。
この京の華は、バラの花びらのように葉が増えていきます。
明るいグリーン色の葉をしており、低温になると葉の先がピンク色に変化するので
夏はグリーンで爽やかに、冬はピンク色への変化を楽しめる多肉植物です。

夕映え 600円(税別)

夕映え 600円(税別)

夏の綺麗な夕日を思わせる「夕映え」
季節や湿度によって変わる「葉」が一番の特徴です。
育成期は葉が写真のように夕焼け色に染まり、新芽は黄色をしています。
夏の休眠期には葉の全体が緑一色に染まります。
まさにいろんな表情をする空のような多肉植物です。
「夕映え」という名前がぴったりだな、と思います。

今回は3種類、ご紹介しましたが、
店頭にはもっとたくさんの種類がならんでいます。
また多肉植物は植えるモノによっても雰囲気が大きく変わります。

IMG_9047

空いたブリキの缶に。センペルビバムを3種類。カッコイイ仕上がりに!

 

IMG_9045

空いたトマト缶に、ハオルチアを。
写真は逆光になってしまいましたが…
窓際に置くと光が透けてとても綺麗です。

IMG_9043
実は、水根も出来るんです!
こちらはお店で1年ほど育てているエケベリアの多肉植物。
こんなに元気に育ってくれるのは初めて見ました!
かくかくと伸びた先にはよーく見るとそろそろお花が咲きそうなんです!

多肉植物は実際に育ててみると
そのフォルムや色、雰囲気に癒されるのはもちろん、
新芽が出てくることが嬉しかったり、思わぬ色のお花が咲いたり、
面白い形に伸びていったりと、色々な驚きもあります。

あまり手もかからないものが多いですので
なにか植物を置きたいなと考えている方はぜひチャレンジしてみてください!

 

 

 

House & garden/クロワッサンの店 公式 facebook ページ

商品やイベント情報など様々な情報を発信中!