モデルハウスの360度パノラマビューがホームページ上で見れるようになりました
ホーム > スタッフブログ > HOUSE & GARDEN > ワインの試飲会 ~ ヴォドピーヴェッツ~

IMG_1040 ワインの試飲会 ~ ヴォドピーヴェッツ~

2018年07月04日

 

こんにちは。クロワッサンの店 の岩野です。

先日、とある『ヴィナイオータ』のワインの試飲会に参加してまいりました。
 

今回の試飲会はヴォドピーヴェッツのヴィトフスカ(ブドウ品種)の2012ヴィンンテージワインの4種類とトリンケーロのバルベーラ3種の飲み比べでした。
IMG_1064

ヴォドピーヴェッツの白ワイン

 

今までもヴォドドピーベッツのヴィトフスカは飲んだことはありますが、毎回美味しい!!と唸っているだけでした。

今回は同じ品種、同じ2012ヴィンテージワイン、しかも太田社長の解説付きという贅沢なワイン会!ワクワクです!!

 

【ヴォドピーヴェッツ】
身長2メートルのイケメンパオロ。多くの巨匠から認められ、ストイックすぎるとも言われています。
イタリアのフリウリ ヴェネツィア ジューリア州はカルソにて弟と2017年から始めたワイン生産。
カルソとは土地の名前ですが、語源はカルスト(石灰岩)という意味。カルソの土壌は地盤が固い石灰岩でできており土は少なく、けっしてぶどうの栽培に適している地域ではない。
彼は、土着品種ヴィトフスカこそ最良のブドウであると信じ、自ら開墾した畑はヴィトフスカのみを植えています。

 

線が折り重なった丸のデザインは世界や自然は色々なものが折り重なっているという表現。
彼はミニマムなことを追及し、どこまでフォーカスできるかということでラベルの中心にこのデザインを置いている。

ラベルは作品名、自分の名前だけでいい。
どこまで表現できるかのほうが大切であるとのこと。

IMG_1067

 

まずは、こちら。

IMG_1069

 

右:ヴィトフスカ オリジーネ2012 
オリジーネ、”源”、”起源”を意味する言葉。今でこそ、白ブドウ品種で皮ごとの醸し醗酵というと、なにか特別視される傾向にありますが、パオロに言わせればカルソという地域でも、ヴォドピーヴェッツ家でも、普通に採用してきた醸造方法。地域にとっても、パオロにとっても原点とも言える木桶で醸し醗酵を行なったワインを09ヴィンテージからオリージネという名前でリリースすることに。アルコール醗酵の期間中(10-14日程度)のみ醸し、圧搾したワインを大樽で約3年寝かせた後にボトリング。表&裏ラベルどちらにも緑の線が入っているのですが、緑→木→木桶を指しています。

 

左:ヴィトフスカ 2012 
それまで仕込みは大樽のみを使ってきたパオロ。
2005年からアンフォラで仕込んだワインをリリース。2006年の仕込みでアンフォラでの醸造に手応えと表現力を感じた。2007年よりアンフォラを中心としたワイン造りを本格化させた。アンフォラが地中に埋まっていること、木樽のように呼吸する容器ではないことがワインを強い還元状態に導くことに気付いた。アンフォラで発酵を行ったあと、大樽で休ませることが必要だと感じ、現在のスタイルに。アンフォラで約6か月間、皮や種ごと発酵を行い、圧搾後またアンフォラに戻し約6か月、その後大樽で2年熟成させボトリング。オレンジのラインはアンフォラを表しています。

 

IMG_1068

右:ヴィトフスカ T 2012 
アンフォラで皮ごと発酵&熟成を行い、一度圧搾してからまたアンフォラに戻したワイン。「T」はイタリア語でテッラコッタ「素焼きの焼き物」のことで、テッラTerra(土、大地)+コッタCotta(焼いた)に由来する。ワインのラベルには「T」の文字だけを加えた、仕込んだ容器の名前をラベルに書きたくないパオロらしい選択。2012ヴィンテージは約半量を半年間皮ごと、残り半分を果帽が浮き上り発酵が始まったことが確認できた段階で圧搾し、モストを再度アンフォラに戻して発酵熟成させた。

左:ヴィトフスカ ソーロ 2012 
岩を砕き掘り起こして、岩を砕いた土を戻したところにブドウ苗を植えた畑(ヴィナイオータさん的にはこの畑を岩岩と呼んでいます)からとてつもない品質のブドウが穫れ、通常のヴィトフスカと別にボトリング、Solo(ソーロ)という名前でリリース。岩岩のブドウだけでなのでソーロ(イタリア語で“単独の”意)で、恐らくこのワインをボトリングする頃に、それまでワイナリーに参画していた弟ヴァルテルが抜けることになり、パオロただ1人(ソーロ)になったということも関係しているかと。初ヴィンテージは2004。それ以降は他の畑と明確な違いを感じたヴィンテージのみ造られる。仕込みはノーマルのヴィトフスカと同じ。

 

次回、お店の試飲会で改めましてご紹介させていただきます。

7月の試飲会

7月15日(日)  15:00~16:30

7月27日(金)  17:00~18:30

参加費:1,500円(税込) (両日共1時間半のお時間、参加費も両日1,500円となりました)

おすすめのワインとお店のこだわりの食品をお試しいただけます。

 ご予約をお待ちしております。

 

 

 

いつでもご試飲できます。

お気軽にお立ち寄りください。

お店で販売しているワインについて、
こちらのページ【ヴィナイオータの自然農法イタリアワイン】も併せてご覧ください。
↓↓↓
https://www.kayano-life.co.jp/tokushu/wine.html  

クロワッサンの店では色々なイベントの企画をしております。
詳しくはこちら↓↓『クロワッサンの店 イベント情報!』をご覧ください!

 クロワッサンの店 イベント情報!

 

 

House & garden/クロワッサンの店 公式 facebook ページ

商品やイベント情報など様々な情報を発信中!