不動産情報
ホーム > スタッフブログ > カヤノハウジングプロジェクト > リフォーム施工事例ご紹介 ②お庭編

29 リフォーム施工事例ご紹介 ②お庭編

, 2019年02月13日

こんにちは。住宅ライフスタイル事業部の大島です。
今週は寒い日が続きますが、昨年の雪の記憶がまだ根強く残っているので、
「まだまだこれ位なら大丈夫。」と前向きに捉えています。
地域によっては、積雪の多い所もあると思いますので、お車の運転など、
十分ご注意ください。

本日は、前々回の私のブログでご紹介しました、「リフォームの施工事例のご紹介」の外部編を
お伝えしていきたいと思います。
これから計画して、暖かい時期のリフォーム工事のご参考にしていただければと思います。

お庭のデッキなどの作り替え

木製のデッキやフェンスなどは、塗装のメンテナンスを繰り返していても、
年数が経つと傷みがでるものです。下記には、ウッドデッキ全体を作り替えた施工例と、
木製の塀の扉部分だけ作り替えた事例をご紹介します。

デッキの作り替え

32
施工前:床の傷みがひどく、一部抜け落ちている箇所もありました。
    藻が生えてすべりやすくもなっていました。

33
施工後:床を支えている(写真では見えないデッキの下)脚が金物で作られていましたので、
    そちらは再利用して、全体を作り替えさせていただきました。
    目隠しのフェンス部分もお打合せで、デザイン変更となりました。

木製の扉の作り替え

30
施工前:組んでいる枠が外れてしまって、開閉するのにかなり支障をきたしていました。
    木材も腐れている部分があり、強度も損なわれていました。

31
施工後:基本的なデザインはもともとのものと同じように考え、なるべく歪みなどがでにくいよう、
    工夫致しました。金具類もアイアンのデザイン性のある部材を選びました。

植栽・生垣

乱れてきた植栽を素敵に計画しなおしたい、生垣をつくって外からの視線を遮りたい、
など、樹木・植物に期待する工事も手掛けています。

玄関アプローチ部分の植栽計画

新築当初植えた樹木が枯れてしまった、その他の低木類も自由に育ってしまって乱れている、
とのことで、新たなシンボルツリーの選定と、その周りの植栽計画を、既存植物の活かせるものは
再度植え直して、とのことで工事させていただきました。

28
施工前:少しかわいそうな気もしましたが、上手に育たなかった樹を撤去しています。

29
施工後:お施主様とのお打合せにより、ご希望の2種の樹木をいれさせていただきました。
    玄関ポーチ側もシンボルツリーが目隠しにもなりそうです。
    足元の低木類や花苗も一緒に施工させていただきました。

生垣

外からはあまり室内の状況は見えませんが、お部屋の中にいると、「外から見えているんじゃないか」と
心配になります。

26
施工前:こちらももともと植えられていた生垣がありましたが、ご自身で植えられたそうで、
    「土とか入れ替えずに植えたのよ」とのことでした。なかなか育たなくて。

27
施工後:もともと高さのある樹木をいれさせていただきました。
    土もきちんと改良させていただきましたので、今後はよく育ってくれることと思います。

ご要望の内容とご予算に合わせ、お打合せさせていただいております。
今この時期は、とても寒くてお庭のことまで思いが巡らないかもしれませんが、
春はもうすぐです。
今からお話いたしませんか。

ぜひ、お問合せ下さいませ。

House & garden/クロワッサンの店 公式 facebook ページ

商品やイベント情報など様々な情報を発信中!