マンションリノベーション情報
ホーム > スタッフブログ > カヤノハウジングプロジェクト > ちょっと変わった浴室改修工事

DSC_3214 ちょっと変わった浴室改修工事

, 2019年07月06日

こんにちは。住宅ライフスタイル事業部の大島です。
消費税増税前の忙しさ?なのか、最近、お風呂やキッチンの入替えの工事が、各メーカー混んできているように思います。
今日は、お部屋の中にユニットバスを設置させていただいた、浴室改修工事の内容をご紹介します。

お客様のH様。70代の女性です。
昨年、大型リフォームをさせていただいたT様のお母さまです。
御内の方のつながりで建築業を営んでいらっしゃる業者の方も多いなか、
お嬢様のT様が強くおすすめしてくださったこともあり、弊社にご依頼くださいました。

H様本当にありがとうございました!

「ちょっと変わった」というのは、浴室の中にユニットバスを設置したのです。

もともとは、

 DSC_2903

このような8帖の広さのシャワールームでした。
介護用にとしてつくられた浴室で、天井走行リフトが設置されていました。
今はもう、ここでの介護の必要はなくなったとのことですが、
こちらの広々としたシャワールームで、シャワーだけの入浴はちょっと「寒い」。
毎日、お隣のご長男の家のお風呂を使われていたとのことですが、
H様曰く、「冬は、ここの玄関をでて、あちらの玄関までいく、このちょっとの距離が寒いんだよね。」と。

これが、ユニットバスの施工をご希望された一番の要因でした。
なるべく無駄な費用をかけないようにし、温かく、安全にお風呂に入れるようにとご提案させていただきました。
洗濯機や、SKシンクははそのまま動かさずに使えるように、配置を考えました。

 DSC_3214

ユニットバスの施工前日に、窓がつく面の壁の下地を作成し、
その壁を基準にユニットバスの設置。
写真は、ユニットバスを置く位置を決め、床の台を設置しているところ。

 DSC_3226

ユニットバス設置の翌日は、大工さん、電気屋さん、水道屋さん、同時に、
仕上げの工事をしていきます。ユニットバスの周りに壁の下地ができていきます。

その次の日には外側の壁のクロスを貼り、床のクッションフロアを貼って出来上がりです。

 DSC_3311  DSC_3317

広々とした感じはそのままに、明るい温かみのあるお風呂が出来上がりました。

まだまだお元気で、足腰も非常にしっかりとされているH様ですが、一部段差もできましたので、
手すりも付けて、より安全に移動できるようにいたしました。

 DSC_3323  DSC_3325

工事中、H様にお会いするのがとても楽しみでした!
とにかく明るくて、お元気なH様とお話ししていると、すごく楽しい気持ちになるんです。
こちらがいろいろご提供しなくてはいけないのに、
パワーをいただいてばかりでした!

「今日からお風呂に入るわ」とおっしゃるH様。新しい椅子と洗面器もご用意されて、
準備万端です。

また後日、新しいお風呂に入られた感想をお聞きするのが楽しみです!

リフォームのご要望は、お客様によってさまざまです。
多岐にわたるご要望に、一番ベストなご提案を今後もしていきたいと思っております。

リフォームのご相談、いつでもお気軽にお声がけください。

House & garden/クロワッサンの店 公式 facebook ページ

商品やイベント情報など様々な情報を発信中!