マンションリノベーション情報
ホーム > スタッフブログ > HOUSE & GARDEN > ワインが入荷しております!第3弾、入荷しました!

IMG_2733 ワインが入荷しております!第3弾、入荷しました!

2019年08月09日

クロワッサンの店の岩野です。

新ヴィンテージのワインが入荷しております。

 

イル ヴェイとラ ビアンカーラ。
それぞれ本数が限られておりますので、お早目に。
では、ご案内致します!!

 

イル ヴェイ (産地:エミーリア・ロマーニャ)

本当に気取ったところのない「素直に美味しい」と感じて頂ける普段着ワイン。相変わらずの人気のワインです。
最近は輸入元でも即完売してしまい、なかなか入手困難なワインとなっております。

このワインはもともと、基本的に地元の人たち向けの「量り売りワイン」。リクエストがあった時にだけ瓶詰めするという、本当にイタリアの地元で楽しまれている「地酒」的なワインなのです。

ピアチェンツァ郊外、ルレッタ渓谷にあるピオッツァーノという小さな村にある、ブラギエリ夫妻によって営まれるワイナリーです。この地域で生産されるワインも伝統的には、オルトレポーやコッリ ディ パルマ同様に微発泡で、糖分も酵母も一切添加せずに微細な瓶内2次醗酵を行わせるために、ボトリング時には二酸化硫黄を一切添加していません。

IMG_2733

左から、
グットゥルニオ2016(赤 微発泡) ¥1,900+税
品種:バルベーラ65%、ボナルダ35%
「グットゥルニオ」は、バルベーラとボナルダを使用した微発泡の赤ワインで、穏やかな香りにピュアなブドウの旨みと品種由来のスパイシーで野性的な風味が軽やかに共存しています。スイスイと飲める軽やかさがあります。

バルベーラ2017(赤 微発泡) ¥1,900+税
品種:バルベーラ100%
有機農法で造ったバルベーラ100%。バルベーラらしいくっきりとした果実味と酸味が楽しめる、素直に美味しいワインです。

ボナルダ2017(赤 微発泡) ¥1,900+税
品種:ボナルダ100%
ルビーの明るい色調にフレッシュなベリー系の香りにスパイシーで野性味を伴う風味が感じられます。微発泡の軽やかな飲み口があり、フレッシュで軽やかなスタイル。その豊かな風味とタンニンがあり、優れた酒質を擁しています。発酵終了前のわずかに糖分が残っている段階で、布で濾して発酵を止め、亜硫酸を添加せずに瓶詰めします。そして自然に再発酵が起こることで、微発泡に仕上がっています。

ボナルダ アマービレ2017(赤 微発泡) ¥1,900+税
品種:ボナルダ100%
発酵終了前に糖分が残っている段階で、布で濾して発酵を止め、亜硫酸を添加せずに瓶詰めします。そして自然に再発酵が起こることで、微発泡に仕上がっています。

ピノグリージョ2017(白 微発泡) ¥1,900+税
品種:ピノグリージョ100%
すりおろしたリンゴや梅、紅茶のような香りにミネラル感が絶妙に寄り添います。フレッシュで豊かな果実味に綺麗な酸味が感じられ、飲み口はスムーズで優しく穏やかな風味があります。余韻は微発泡の心地良さがあります。料理を選ばずに幅広く楽しめる懐の深さも持ち合わせています。冷やしてから温度を上げていくと、また違う表情を魅せてくれます。ブドウの皮ごと発酵させる為、うっすらとロゼ色に仕上がっています。

オルトゥルーゴ2017(白 微発泡) ¥1,900+税
品種:オルトゥルーゴ100%
土着品種オルトゥルーゴ100%。二酸化硫黄はプレス時に若干量使うのみでボトリング時の添加はしません。自然な造りでブドウの素直な美味しさを表現。色も味も香りも地味ですが、飲むとしっかりとした個性を主張しています。

 

 

ラ ビアンカーラ(産地:ヴェネト)

言わずと知れた生産者のラ ビアンカーラ。入手が困難となっておりますが、今回はピーコ2017とマシエリ2018が入荷しております。
私が初めてラ ビアンカーラのサッサイアを飲んだ時の感動は、今でも忘れません。

「ラ ビアンカーラ」のアンジョリーノ マウレ氏は「森に肥料なんて与えないよね。それでもしっかりと育っていく。私は森みたいなブドウ畑を造りたい。そのブドウ畑で賜ったもの(自然が与えてくれる気候や環境)をワインに変える。」と言っています。ビオディナミによる栽培、そして酸化防止剤をほとんど添加しない醸造方法。こうして造られるワインは、その年の天候や自然条件が表現されたとてもピュアな味わいとなっています。

 

(ヴィナイオータ資料より)
アンジョリーノは、ワインの中にある個性の大半は、セラーでの作業ではなく、畑(土壌、その年の天候、畑での作業のしかた…)由来であるべきだという、当然といえば当然のことを完全に分からせてくれた、恩人ともいえる人でもあります。

「森に肥料は必要ないよね?畑においても、人が多くを求めないのなら、それが有機質ものであっても、撒く必要はないのでは??ワインの世界には、テロワールという仰々しい言葉が存在し、その要素の1つに大地(土壌)由来の“滋味(地味)”も含まれるのなら、なおさらね。」本当に知り合って間もなかった頃にこんなことを言われた記憶があり、この言葉が今現在の僕のワイン観の根幹をなしていると言っても過言ではないと思います。

IMG_2728

 

左から、
ピーコ2017(白) ¥4,100+税
品種:ガルガーネガ100%
ワイナリーの最上級白ワイン。Picoはイタリア語で”頂上”を意味します。ピーコに使われているガルガーネガは、標高250mにあるタイバーネ、ファルデオ、モンテ ディ メッツォという3つの区画で栽培され、醸造も畑ごとに行われています。クリュ名の付かないこのピーコはファルデオ、モンテ ディ メッツォ、タイバーネの3区画で収穫したガルガーネガをそれぞれ単一で醸造し、ボトリング前に3区画のワインをブレンドしたものになります。

マシエリ2018(白) ¥2,300+税
品種:ガルガーネガ90%、その他10%
自然派ワインの造り手の中でも特にその名前が知られるラ ビアンカーラ。野生酵母で醗酵後、翌年の4月または5月までステンレスタンクで寝かせます。イマシエリは、サッサイアに隣接する畑のブドウと、サッサイアと同じ畑でサッサイアにするほどには完熟していないブドウも一部使用。サッサイアのセカンド的な意味合いもあります。2018年は酸化防止剤添加ありヴァージョンです。

 

ご来店をお待ちしております。お気軽にお立ち寄りください。

お店で販売しているワインについて、
こちらのページ【ヴィナイオータの自然農法イタリアワイン】も併せてご覧ください。
↓↓↓
https://www.kayano-life.co.jp/tokushu/wine.html  

クロワッサンの店では色々なイベントの企画をしております。
詳しくはこちら↓↓『クロワッサンの店 イベント情報!』をご覧ください!

 クロワッサンの店 イベント情報!

 

 

 

 

House & garden/クロワッサンの店 公式 facebook ページ

商品やイベント情報など様々な情報を発信中!