新築戸建て施工実例 マンションリノベーション施工実例 不動産情報
ホーム > スタッフブログ > カヤノハウジングプロジェクト > 無駄な空間をつくらない家づくり

無駄な空間をつくらない家づくり

, 2020年07月27日

こんにちは。
住宅ライフスタイル事業部の相田です。

 

モデルハウスでお客様とお話をしていると、現在のお住まいについて「廊下のスペースがもったいなくて。」というお話を度々お聞ききします。
お住まいによっては意外と廊下が家の中でスペースを占めているお宅もあるかもしれません。
お部屋の行き来が廊下の主な用途ですが、滞在するでもないその廊下の空間を、ほかの形で使えたらと感じている方も多いようです。

カヤノの家では通路として使う空間にも他の用途を持たせて、一つの部屋のように使うご提案をしております。
モデルハウスをご覧になったお客様によく、「無駄な空間がないですね」とおっしゃっていただくことも。

 

"通過するだけ"じゃない空間

例えば今年で17年目のモデルハウス。

この勉強やパソコン作業などに使えるスタディコーナーは、2階のホール内にあります。
ホールも一つのお部屋のように使える空間になっています。

またこちらは昨年まで公開しておりましたモデルハウス。

こちらも2階のホールの一部を畳にし、本棚や背もたれを設けて、通路としてのみならずくつろげる場所にもしています。

こちらはクロワッサンの店のすぐ近くにあるモデルハウス。

こちらもリビングと寝室をつなぐ通路に、洗面や長めのカウンターを設けているため歯磨きなどをしたりカウンターに椅子を置いて作業スペースにして使うことができます。

 

しかし廊下や通路というと、寒くてずっといられるような場所じゃないよな~と思われる方もいらっしゃると思います。
私の実家の廊下も、冬は寒くてトイレに行く移動だけでも億劫になることもあります。
ではなぜカヤノの家では廊下もお部屋のようにすることができるのか…?

高い性能でどのお部屋も同じ環境に

カヤノでは屋根・壁・基礎をグルっと板状の断熱材『ネオマフォーム』で囲う外張り断熱工法を採用。
構造材、基礎コンクリートの外側に施工しておりますので、断熱材が柱などによってさえぎられることがなく断熱の隙間ができません。
簡単に言えばお家全体が魔法瓶のような状態です。
熱源があれば、その熱が逃げることなくお家全体を暖めてくれるようなつくりです。
そのためお部屋にごとの寒暖差が少なく、間取りの自由度が上がります。

外張り断熱については是非こちらのブログも併せてご覧ください。

 

カヤノだからこそできるプランのご提案。
是非1度カヤノのモデルハウスをご覧になって、感じていただきたいと思います。

モデルハウスの詳しい紹介はこちらから。
毎週土日祝、オープンしております。

 

お問い合わせや、モデルハウス見学のご希望は下記までお気軽にご連絡ください。

〒951-8068 新潟市中央区上大川前通2-11-1 営業時間 AM10:30~PM6:30 (火曜定休)

House & garden/クロワッサンの店 公式 facebook ページ

商品やイベント情報など様々な情報を発信中!