新築戸建て施工実例 マンションリノベーション施工実例 不動産情報

模型を使った家づくり

2020年09月22日

こんにちは。
住宅ライフスタイル事業部の江花です。

 

家づくりを計画するときに、
建築図面をもとに打合せを進めていくケースがほとんどだと思います。

 

中でも平面図はマンションなどの広告にもよく書かれていますが、
部屋の間取りを理解するのに最も適した図面です。

 

ですが紙面上の平面図や立面図はあくまでも建物を真上から見たときの図面。
例えば天井の高さ、窓の位置、実際に目線の高さで見たときの建物の見え方、光の入り方…
など建物の全貌を理解するのは簡単ではないと思います。

 

そこで使うのが模型です。

 

 

家づくりの打合せの際に、
図面に加えて模型を使った打合せをすることもあります。
お客様からも一目で建物のイメージを持って頂けるツールです。

 

屋根を外して間取りを確認。窓の高さや大きさもイメージできそうです。

 

見た目だけではなく、
実際に光にあてて、窓からどんな風に室内へ光を取り込むことができるかを実験してみたり、
屋根の掛け方を考えてみたりと、私達も様々な使い方をしながらお客様のプランを検討するために使います。

 

光にあてながら目線の高さで見てみると、室内にどんな光が入るのか分かります。

 

 

例えば外観に木を貼ってみたらどうだろう…という使い方も。

 

 

注文住宅の家づくりはお客様によって十人十色。間取りも形も様々です。

 

模型だけでなく、PCやタブレットを使った3Dのパースで見て頂くという提案もあります。
キッチンやお風呂のショールームではその場で打合せをした色や柄を変更し、
タブレットで空間のイメージを見て頂く打合せをよく目にします。

 

最近ではVRを使って空間を見てもらうようなシステムもあるので
もしかすると近い将来、家づくりの打合せには図面を使わない…
という打合せのスタイルが一般的になる時代もあるかもしれませんね!

 

 

お問い合わせや、モデルハウスご来場のご予約は下記までお気軽にご連絡ください。

〒951-8068 新潟市中央区上大川前通2-11-1 営業時間 AM10:30~PM6:30 (火曜定休)

 

House & garden/クロワッサンの店 公式 facebook ページ

商品やイベント情報など様々な情報を発信中!