新築戸建て施工実例 マンションリノベーション施工実例 不動産情報
ホーム > スタッフブログ > クロワッサンの店 > ワインが入荷しています!

ワインが入荷しています!

2020年11月23日

こんにちは。クロワッサンの店の岩野です。

新しく入荷しましたワインのご案内です。

 

先ずは、お馴染みラ ビアンカーラ。

 

新しいヴィンテージのサッサイアと久しぶりのロッソ マシエリが入荷です。

ロッソ マシエリ2019(赤)  ¥2,800+税
生産者:アンジョリーノ マウレ(ラ ビアンカーラ)
産地:イタリア ヴェネト
品種:メルロ、カベルネ・ソーヴィニヨン、トカイ・ロッソ

ラ・ビアンカーラ、白が特に有名ですが、赤も自然な栽培、醸造から優れたワインを生み出しています。このワインでその実力をお楽しみください。
自然酵母で発酵、ステンレスタンクで熟成。
ゆたかな果実味を持ちながら、ピュアな味わい。葡萄の生命力に満ちた赤ワインです!

 

サッサイア2019  ¥3,100+税
生産者:アンジョリーノ マウレ(ラ ビアンカーラ)
産地:イタリア ヴェネト
品種:ガルガーネガ100%

イタリア自然派を代表する「ラ ビアンカーラ」の象徴的白「サッサイア」!完熟ブドウと野生酵母の香りみずみずしいピュアな果実味と旨みが調和する心地よい美味しさ。薄くにごりがかった麦わら色。
開栓直後は香り立ちがとても強く、独特なニュアンス。まるでみずみずしい洋梨のようなフルーティさと酸味と旨味のバランスが良く、口の中に広がります。そして、ほんのり甘く、ピュアな味わいが凝縮されています。他のワインと明らかに違う個性、女性的でオシャレな印象を受けました。

 

 

続いて、ラディコン。

 

ディコン RS エッレエッセ 2018(赤)  ¥4,300+税
生産者:ラディコン
産地:イタリア・フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア
品種:メルロ75%、ピニョーロ25%

原点に帰りブドウから全てを引き出しテロワールを表現しようとするオレンジワインの草分けかつ伝説的な存在、ラディコン!息子サシャの発案で生まれた750mlシリーズ。赤ワインのRSはRossoのR、とサシャのSを表しています!

 

<ヴィナイオータ資料より>
オスラーヴィアで戦後間もなく、現オーナーであるスタニスラオ・ラディコンの祖父によって始められたワイナリー。1980年からスタニスラオにワイナリーは委譲され、それまで桶売りしていたワインを自らボトリングを始める。シャルドネやソーヴィニョンなど国際的なブドウの導入、畑をヘクタールあたり9500-10000本と高密植にし、過熟気味のブドウを圧縮空気式の柔らかな圧搾にかけ、バリック内での醗酵・熟成という最上の白ワインを造る上での世界中で採用されている手法をとってきた。しかし1995年からは、ピノグリージョ以外の白ブドウに70年代までは一般的に行われていた約2週間のマセレーションと大樽での熟成を採用し、畑でも除草剤や化学肥料などの使用をやめ、より自然で環境に配慮した農業を心がける。ラディコンは今後良質な天然コルクが入手困難になることを危惧し、一定量のコルクから出来る限り多くのコルク栓を確保できるようにと、エディ・カンテと共同で、500mlでありながら空気との接触率が従来の750mlボトルと同程度で口径がやや小さいボトルを開発した。2002年以降はこの500mlボトルと1000mlボトルでリリースされる。

 

 

そして、
人気のコストパフォーマンスが最高なワイン!イルヴェイ。

左:ロッソ2018(1500ml)(赤) \2,900+税
生産者:イルヴェイ
産地:イタリア・エミリア・ロマーニャ
品種:バルベーラ65%、ボナルダ35%

自然派の造り手の中でも群を抜くコストパフォーマンスで人気のイルヴェイ。ピアチェンツァの郊外で有機農法を実践する造り手で、この地域で生産されるワインは伝統的には、微発泡で、糖分も 酵母も一切添加せずに微細な瓶内2次醗酵を行わせるために、ボトリング時には2酸化硫黄を一切添加しません。

まさに、昔ながらのワインで、20~30年前くらいまで、ポピュラーだったワイナリーでの計り売りをいまだに続けています。
基本は古くからの顧客への量り売りでワインを販売しています。その量り売りの分と、地元トラットリアと酒屋、そして唯一の輸出国である日本からのリクエスト分を確保したあと、残ったワインと圧搾して出てきたワインをブレンドしてヴァル ディ ネートIGTとしてリリース。瓶詰はマグナムボトルのみ。驚きのコストパフォーマンスハウスワインはこうして造られています。

通常であればイタリアのトラットリアでしか飲めないようなワイン。素朴ながらも造り手の思いが伝わってくる、普段飲みにピッタリのワインです。

 

右:グットゥルニオSup.2016(赤) \2,300+税
生産者:イルヴェイ
産地:イタリア・エミリア・ロマーニャ
品種:バルベーラ、ボナルダ

通常のグットゥルニオよりも少し度数の高いスーペリオーレです。
色調はやや濃いめの深紫色。香りにはラズベリー的なニュアンスが感じられます。
口当たりはしっとりとしていて、少々甘やかで密度感のあるアタック。
ほんのりスモーキーでスパイシーな要素に、じんわりと感じるタンニン。ジューシーさのある酸に、リッチな果実味が広がります。
少々ボリューム感は感じますが、それ以上に飲み心地の良さが勝り、サクサク飲めてしまします。
 現地では昼間っからガブガブ飲まれている赤ワイン。是非気軽に楽しんでみて下さい。

 

こちらもコストパフォーマンスが高いと評判です。

 

ジョヴィアーノ2016(赤)  ¥3,000+税
生産者:イル・カンチェッリエレ
産地:イタリア・カンパーニャ
品種:アリアーニコ


タウラージ最上の産地のひとつ、モンテマラーノ村で古くから葡萄栽培を行ってきたロマーノ家のワイナリー、イル・カンチェッリエレ。
伝統に基づいた自然な栽培・醸造を守っています。
ヴィンテージ毎にしっかりとその年の個性を表現しつつも安定した品質をお手頃価格で提供してくれます。
しっかりと濃いのに飲み心地の軽さがあって飲み疲れしないのは、ひとえに葡萄の品質の高さと丁寧かつ余分なことをしない醸造のおかげ・・・。
良質の素材(葡萄)を最大限に生かせば、それだけで素晴らしいワインになるというお手本のようなワインです。
アリアーニコIGTよりも格上のキュヴェ「ジョヴィアーノ」は、鮮やかな果実味と豊かなタンニン、伸びやかで力のある酸。より一層の複雑味と奥行きがあります。

 

(ヴィナイオータ資料より)

彼らのワイナリーがあるイルピニアというゾーンは、ローマ人が訪れる前からワインが生産されてきた非常に歴史のあるゾーン。
畑は全てワイナリーに隣接しており、標高450~550mに計8ヘクタールを所有。
畑でもワイナリーでも昔ながらの手法を踏襲、除草剤などの化学農薬は使用せず、ボルドー液のみを使用、 温度管理を行わず20~25日の醸し醗酵、熟成には新樽は用いず、二酸化硫黄もボトリングの際にごく少量使用するのみ。
無清澄、ノンフィルターで瓶詰めされます。
伝統的かつ自然なプロセスを経て生み出されるのは 色濃く、力強く、生命力にあふれ、それでいて気品を備えた赤ワインです。

 

 

 

 

お気軽にお立ち寄りください。

お店で販売しているワインについて、
こちらのページ【ヴィナイオータの自然農法イタリアワイン】も併せてご覧ください。
↓↓↓
https://www.kayano-life.co.jp/tokushu/wine.html  

クロワッサンの店では色々なイベントの企画をしております。
詳しくはこちら↓↓『クロワッサンの店 イベント情報!』をご覧ください!

 クロワッサンの店 イベント情報!

 

 

 

 

 

House & garden/クロワッサンの店 公式 facebook ページ

商品やイベント情報など様々な情報を発信中!