モデルハウスの360度パノラマビューがホームページ上で見れるようになりました
ホーム > スタッフブログ > カヤノハウジングプロジェクト > 新潟のZEHの家、カヤノにお任せください

zeh 新潟のZEHの家、カヤノにお任せください

2017年03月27日

こんにちは。住宅ライフスタイル事業部の大島です。

最近時々耳にする『ZEH(ゼッチ)』ということば。
でも、「それ何?」と知らない人がほとんどで、まだまだ認知されているとは言えなさそうです。

さて今日は、その『ZEH(ゼッチ)』=(ゼロ・エネルギー・ハウス)について
少しお話ししたいと思います。
これから家を建てよう!とお考えの方にはぜひお聞きいただきたい内容です。

ZEH(ゼッチ)とは

ZEH(ゼッチ)とは、NET Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略称です。

家の断熱性能を上げ、性能のよい設備機器を使用し、家で使われるエネルギーを減らす省エネ。
そして、太陽光発電システムなどで、エネルギーを生み出す創エネ。

これらを組み合わせて、年間の一次エネルギー消費量を正味ゼロにする住宅を『ZEH』といいます。
環境にやさしい究極にエコな(今現在)家、それが「ZEH」です。
(一次エネルギーについて、ここでは詳しくお伝えしませんが、とにかくエネルギー消費量を減らす!
 ということを目指します。)

イメージはこんな感じです。

img01対象となるエネルギーは、
空調(暖房・冷房)・給湯・換気・照明設備に係る一次消費エネルギー量。
家電などは除かれます。

大事なのは、考え方の順番。
 ①まず、家の断熱性、気密性を上げ、性能の高い建物にします。
 ②そこに、冷暖房、給湯設備、換気設備、照明に、高性能省エネ機器を選定します。
 ③がんばって省エネに設計した消費エネルギー分を補う、「太陽光発電システム」を採用します。

国が掲げる目標としては、
 ・2020年までに標準的な新築住宅で
 ・2030年までに新築住宅の平均で
ZEHを実現することを打ち出していて、全国のハウスメーカー・工務店などは それに向けた住宅づくりを
進めています。

国は、なぜ「ZEH」をめざすのか ・・・省エネ法と2020年義務化 

企業も住宅も、「できるだけエネルギーを使わなくてよい建物にしましょう」「できるだけCO2の排出をしないようにしましょう」というのが、国の大きな政策方針です。

住宅の省エネ基準は、昭和54年(1979年)に施工された「省エネルギー法」により、
昭和55年に住宅の省エネ基準が設けられました。
その後、平成4年、平成11年と段階的に基準が強化され、平成25年に新しい省エネ基準が設けられました。

現在この基準は“目標値”ですが、2020年にはすべての新築住宅が、この基準をみたさなくてはならない『義務化』となる予定です。
住宅の省エネ基準を達成していくために、国は具体的な住宅づくりにおいて「ZEH」を推進しています。

ZEH仕様の家で補助金も受けられます

新しく家を建てるお客様が「ZEH」を導入しやすいように、国はその推進施策として、
平成24年度から毎年補助金を交付してきました。
カヤノでは、その初年度から継続して補助金の交付を受けています。

平成29年度は1戸あたりの補助金額は、75万円でした。
平成30年度は1戸あたり70万円の予定です。

補助金について詳しくお知りになりたい方はぜひお問合せ下さい。
(HOUSE&GARDEN TEL 025-210-2111)

あわせて、「ZEH」についてもっと詳しい情報をお知りになりたい方は、
(一社)環境共創イニシアチブのHP  
https://sii.or.jp/zeh29/
もぜひご覧ください。

なぜ、カヤノは「ZEH」をつくるのか・・・健康な暮らしの実現

国がそれを推進するから、省エネ基準が義務化になるから、だけではありません。

省エネをめざした「高気密・高断熱住宅」づくりをスタートしたのが約20年前。
国の省エネ基準が強化されていく途中ではありましたが、断熱性の高い省エネ住宅に暮らすと
どうなるの? そこに住む人にとってどうよいの? ということが大事でした。

_MG_8662   DSCF0052   IMG_7160 

家中どこにいても暖かい

高気密・高断熱の住宅は、一度暖めた家を“保温”する性能を備えています。
(夏はその逆で、冷やした室温を少ないエネルギーで維持します)
その結果、家中の温度がほぼ一定になり、“寒い部屋”がなくなるのです。

ヒートショックによる事故が減ります

そのおかげで、暖かい部屋から廊下や脱衣室に移動して急激に体が冷え、
浴槽に入った瞬間に体が暖められて、血管が激しく収縮するこで起こる脳卒中。
“温度差のない家”では、明らかにヒートショックによる脳卒中率が低いのです。

広々とした空間の実現が可能に

“家中どこにいても暖かい”結果、これまで個室だった空間を一体空間としてプランしたり
大きな吹抜け空間をつくったり、寒い新潟では実現困難だった間取りができるようになりました。
お子様は、家中元気にかけまわり、
どこにいても家族の雰囲気が感じられ、
家族が楽しく過ごせる、そんな家になりました。
床面積以上の広さを感じていただけるのも、この住宅ならではだと思います。

カヤノの家づくりがめざす暮らし ~ 国が目指す省エネ住宅 の向かう方向が同じなんです。

『健康で快適な生活が実現できる家』をめざした結果、国がめざす省エネにも大貢献していた!
ともいえます。
「高断熱・高気密」の性能値の高い住宅をつくってきた延長に『ZEH』の実現があります。

「ZEH」の家をつくるには

「ZEH」の家をつくるには、まず施工する会社は、「ZEHビルダー登録」をする必要があります。
2020年までの「ZEH件数割合」の目標を掲げ、それを公表しなければなりません。

カヤノの家の高い性能だからこそ、
そこに最小限の「太陽光発電システム」をプラスすれば ⇒ 『ZEHの家』にすることができます。

ZEH・BELS実績表

『ZEH』は、カヤノにお任せください

カヤノでは、「ZEH」の基本となる「高断熱・高気密」住宅に20年前から取り組んできました。
国が2020年に義務化とする省エネ基準を満たした家を、もう20年つくり続けています。
現場施工の技術もご安心ください。

        DSC00413 
     カヤノの「ZEH」は、高性能断熱材をしようした「外張り断熱工法」 

単なる基準を満たす設計をするだけではなく、それが現場で実現(施工)されているかの指導や検査、
また、お住まいいただくお客様の快適性も考えた間取りや設備設計、を心がけています。

省エネに貢献する「ZEH」ですが、目的は「そこで暮らすお客様の健康と快適性」、
だから施工も最後まで細心の注意を払い確実に、と力が入ります。

ぜひ、「カヤノの家」「ZEH」のお話しを聞きに、モデルハウスや月々開催される「住まいの鑑賞会」へ
ご来場ください。

カヤノのモデルハウス

カヤノ コンセプトハウス(新光町 モデルハウス)

小さく使う外観

〒950-0965 新潟市中央区新光町16-5

 

The House 2 (亀貝 モデルハウス)

外観9

〒950-2033 新潟市西区亀貝1368番

【土・日・祝日】午前10時から午後5時(ご予約なしでご見学頂けます。)
【平日】お電話でご予約ください。

TEL:025-210-2111 HOUSE & GARDENまで

https://www.kayano-life.co.jp/khp 

House & garden/クロワッサンの店 公式 facebook ページ

商品やイベント情報など様々な情報を発信中!