住宅
2021/04/26

中央区で猫とのびのび子育てする家

このブログを書いた人
相田千夏(住宅ライフスタイル事業部)

こんにちは。
住宅ライフスタイル事業部の相田です。

本日は3月に完成見学会をさせて頂いたお家のご紹介です。

3人ご家族の新しいお住まい。
お子様も生まれて、中央区でのびのびと子育てがしたい
と、はじまった家づくり。

奥様のこだわりが詰まったかわいらしい内装
猫との暮らしも考えたアイデア
延べ床約29坪の中にも十分なスペースを確保した個室や水まわりなど
みどころたくさん。

ダイニング

キッチンは独立しながらも、ダイニングとの間のガラス扉を開ければ対面キッチンのように使えます。
ガラス扉は猫をキッチンに入らせない工夫。
扉の下のミナペルホネンのタンバリンタイルのニッチと併せて、ダイニング空間のアクセントにもなりました。

ダイニングの隣にはワークスペースになるカウンターをつくりました。

お気に入りの壁紙やお家のカタチのニッチなど、可愛らしいポイントも。

 

リビングと廊下を行き来するためのねこ扉。
リビングからその扉を覗くと、ねこの壁紙が…!


覗いた先は階段下の、ねこのトイレなどを置くコーナーです。

 

キッチン

キッチンにはBOSCHの食洗機もご採用いただきました。

 

洗面・脱衣室

洗面脱衣の隣に広めのクロークを設けました。
洗濯物をたくさんかけて置けるスペースです。

 

個室

格子窓が可愛らしい2階の個室。

玄関

玄関の照明はお施主様がご用意されたお気に入りのもの。
洗面とは別に、玄関上がってすぐにも帰ってきたらすぐに手を洗える洗面を設置。
水栓はタッチレスで、衛生面にも配慮しました。

 

 

このブログを書いた人
相田千夏(住宅ライフスタイル事業部)

住宅設計課所属
カヤノに入社してから建築を学び始め、お客様のご要望にお応えできるよう勉強の日々です!
音楽と絵を描くこと、ディズニーリゾートに行くことが大好き。

この記事をシェア: