マンションリノベーション情報 採用情報 不動産情報
ホーム > スタッフブログ > HOUSE & GARDEN > クロワッサン編集長をクロワッサンの店 新潟店にお招きします!

クロワッサン編集長をクロワッサンの店 新潟店にお招きします!

, , , , 2020年01月19日

住宅・ライフスタイル事業部の中御門です。
早速ですが、雑誌『クロワッサン』読まれたこと、ありますか?
最新号はこれ。
大きな文字の「3kg痩せ。」の文字を目指して店内を歩いて来られるお客様もいらっしゃいます。

最新号 タイトルは『すぐ実現できる、3kg痩せ。』

最新号 タイトルは『すぐ実現できる、3kg痩せ。』

『クロワッサン』はマガジンハウス社が毎月2回(10日と25日)発行している雑誌で、1977年創刊、43年続いている雑誌です。
健康、食事、お金のこと、美容など、特に女性にとって魅力的な話題が取り上げられています。

私が中高生のとき、家にクロワッサンの雑誌がありました。母が好きで読んでいました。
そして、大学生の頃、当時奈良にあった「クロワッサンの店」に母と一緒に買い物に行っていました。
並んでいる商品のひとつひとつを自分が大人になったら買い揃えてみたい、と憧れをもって見ていた気持ちを思い出します。
随分昔の話ですが(笑)

な、な、なんと。

来月、その雑誌『クロワッサン』の現在の編集長 郡司麻里子さんと記事の執筆をされている ライター 板倉みきこさんをお招きして、トークショーを企画しています。

2.14と2.15にトークショー開催

2.14と2.15にトークショー開催

こちらが、雑誌『クロワッサン』の編集長の郡司麻里子さん。
ぜひ、実物の郡司さんに会いにいらしてください。

雑誌『クロワッサン』編集長 郡司麻里子さん

雑誌『クロワッサン』編集長 郡司麻里子さん

郡司さんは、マガジンハウスの雑誌、ananやBOAO、クロワッサンの編集部を経て、2018年10月から現職。
お会いするととてもソフトでユーモアのある方。編集長と聞いて私が勝手に想像していたイメージと全然違いました。
双子のお子さんを育てながらお仕事されている、と聞くだけで、編集長って激務だろうに、どうやってこなされているのだろう、と思います。

雑誌クロワッサンの作り方、雑誌の表紙のコンセプト、40年の歴史の中での読者の変化、クロワッサンの雑誌と店のこれから・・・などをテーマに語っていただきます。

編集長自らが生活者。
現実とかけ離れた世界ではなく、等身大のご自身を語っていただく場になるはずです。

ある会合の懇親会でのお二人!

左が板倉みきこさん、右が郡司麻里子さん

左が板倉みきこさん、右が郡司麻里子さん

トークショーの後は、モデルハウスの中で紅茶を飲みながら、フリートーキングの場も設けさせていただきます。
参加お申込みは、お電話で TEL 025-210-2111 まで(火曜定休)

House & garden/クロワッサンの店 公式 facebook ページ

商品やイベント情報など様々な情報を発信中!